2018-19_カスタムフェア東京会場

By vesta, 2018/06/15

14日から17日の日曜日まで、2018-19スキーニューモデル予約販売会スキーカスタムフェア40周年アニバーサリーの有明東京会場が東京ビックサイトTFTビルで開催中です。展示会というと最新の競技用モデルばかり展示してあると思いがちですが、実は注意深く見ていくと、興味をそそられる商品が埋もれています。

 
IDONE SR-M (106-68-96mm、160cm R=16m、1,187g)
IDONE SR-X5 (106-68-96mm、160cm R=16m、1,191g)
MOCU2 KAMOSHIKA (121-70-99mm、165cm R=14m、1,280g)
OGASAKA KS-TT (118-67-103mm、165cm R=13.3m、1,399g)
ELAN FLIGHT POWER SHIFT (125-78-107mm、165cm R=14.4m、1,115g)

これは板だけの重量なので、これにビンディングが付いてきます。

LOOK Pivot 12 DUAL WTR B95 1,135g
LOOK XPRESS 11 B83 735g
Maker GRIFFON13ID B90 945g
Maker SQUIRE11ID 765g
Knee Binding Mist 1,020g

そしてブーツもかなり軽くなってきています。

HAWX ULTRA 130 【ATOMIC】 1,680g
DropKick 【FULLTILT】 1,870g
COCHISE 110【TECNICA】 1,880g
X PRO 110【Salomon】 1,995g

私のお薦めはFULL TILTのDESCENDANTシリーズでとにかく着脱が容易で重量も2,070gと軽い部類に入ります。従来のマテリアルの総重量(板・締具・ブーツ)は、5kgを超えていましたが、これらを集めると何と4.2kgと両足で2kg以上も軽くなってきます。その分、本当はからだに合った板へ変えていけば驚くほど体に優しく楽しめます。是非、立ち寄ってみてください。

 

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください