インフルエンザの予防対策

By vesta, 2018/10/11

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる感染症です。感染経路には感染した人が咳をするすることで飛んだウィルスが別の人の鼻や口から入り込む飛沫感染と、人の手を介して鼻や口の粘膜などを通じてウィルスが体内に入り込む接触感染があります。症状は、風邪とよく似ていますが、非常に感染力が強く、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴で、風邪より症状が重くなります。

今季のインフルエンザワクチン製造株はA型;2株・B型;2株で構成された4価のインフルエンザHAワクチンとなっています。A型株のH1N1とB型株の山形系統が昨年度と同種で他の株は新しい型になっています。インフルエンザワクチンは接種後2週目から抗体が上昇し始め、1ヵ月でピークに達し、その効果は5ヵ月持続します。日本では、例年12月~3月が流行シーズンなので、この時期に予防接種をしておけば、インフルエンザにかからないでスキーが楽しめますね。

予防接種以外の予防策としては、腸内の免疫力を高めるファクトフェリンがお薦めです。腸の細胞にラクトフェリンが結合することによって、ウイルスの侵入を防ぎ、インフルエンザにかかりにくくなるのです。DHCなどでサプリメントとしても販売されていますから、試してみると良いでしょう。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください